地域通信員の話 (中都日報)

地域通信員の話 (中都日報)

[アサン(牙山)多文化]'幸福な家族、楽しい家族のつき'イベント開催

시미즈치아끼
2024/06/06
ヒット 7

アサン市家族センター(センター長チョ·サムヒョク)と温陽第一教会(担当牧師 キ厶·ウィチュン)は11日温陽第一教会前の庭で;幸福な家族、楽しい家庭の月'というタイトルでお祭りが進行されました。(写真)


この行事はいろんな国から韓国に移住し定着している学生と家族で家族の月をむかえて、特別活動で進行でき、ハングル学校の趣旨に合わせてチェギチャギ(蹴り遊び)、タクチチギ(面子遊び),トゥホノリ(矢を壷の中に投げ入れる遊び)などの伝統遊びが実施されました。様々な韓国文化を習えるようにキンパ、トッポッキ、韓国式おでん汁、ソットックソットック、キムチチジミ等の食べ物とベースペイント、エコバックの飾り付け、風車作り、シューリングのキーホルダー作り等楽しむことができる色々な体験ブースを運営しました。


行事の初めを知らせる温陽第一教会 キ厶·ウィチュン担当牧師は"韓国に嫁いだ二重女性たちがハングル教育を通して家族達と円滑な意思疏通で家族と社会に安定的な生活をすることを願い、これからも多文化移住女性に多くの関心を持って支援していきます。"と言いました。またチョ·サムヒョクセンター長は"多くのスタッフ達が移住女性のためにハングル学校を準備してくださったことに感謝して、経済的な支援を惜しまずに移住女性の健康な定着、支援をしている温陽第一教会に深く感謝いたします。"と伝えました。


温陽第一教会は、2014年からアサン市家族センターの委託を通してベトナム移住女性のためのハングル学校を初めで現在はカンボジア、ロシアなど色々な国の移住女性とハングル学校を運営しています。運営費は温陽第一教会から全額支援して毎年春学期16週、秋学期13週の授業を支援しています。


今回の春学期は6個のクラス(初級クラス、中級1、2、3クラス、国籍取得クラス、ベトナム語クラス)を運営していて、特に今回はベトナム語クラスが新設されて多文化ハングル学校の中に活気が溢れています。


この日の行事に参加した中級クラスの受講生Aさんは"こんなに家族と一緒に楽しめる祭りを作ってくれて感謝し、残りの授業の間もっと一生懸命勉強します。"と言いました。オ·アンヒ通翻訳者



中道日報(www.joongdo.co.kr), 無断転載と収集、再配布禁止


https://www.joongdo.co.kr/web/view.php?key=20240515010004132


0 0

運営時間:09:00~18:00 平日

070-8831-8391


忠清南道多文化家族支援拠点センタ-

住所 

電話:070-8831-8391 ファクシミリ(FAX):041-553-8371


Copyright (c) 2023 충남 다울림. All Rights Reserved.