地域通信員の話 (中都日報)

地域通信員の話 (中都日報)

[プヨ(扶余) 多文化]日本語学習熱気が熱い

시미즈치아끼
2024/04/02
ヒット 18

      プヨ郡老人総合福祉館の授業の様子


2024年にはプヨ郡のいろんなところに日本語講座が開かれています。


まず中、高等学校では放課後の時間を活用した日本語授業が週1回2~3時間ずつ進行され、生涯学習館では一般人を対象に夕方の時間に講義が開かれます。そして老人総合福祉館でも週2回2時間ずつ運営中です。


最近に円貨レートが下がって日本に旅行する人口が増えていることが日本語学習に対しての熱意が高まる原因とみられます。こんな背景にあった旅行をしながら必要な表現や実生活な対話に必要な表現などを重視に授業を進行しながら良い反応を得ています。


1人の受講生は”日本旅行をしたけど何も言えなくて受講しました。”と言ってほかの受講生は日本文化に対して関心が多くて申請したと言いました。

つるもとしおり 名誉記者(日本)


中道日報(www.joongdo.co.kr) 無断転載と収集、再配布禁止


https://www.joongdo.co.kr/web/view.php?key=20240316010004938




0 0

運営時間:09:00~18:00 平日

070-8831-8391


忠清南道多文化家族支援拠点センタ-

住所 

電話:070-8831-8391 ファクシミリ(FAX):041-553-8371


Copyright (c) 2023 충남 다울림. All Rights Reserved.